先輩看護師たち

先輩看護師からメッセージ

入職2年目新人看護師からのメッセージ

先輩からのメッセージ

先輩看護師へインタビュー

救急看護認定看護師

循環器病棟看護主任

看護主任

先輩看護師へインタビュー

当院には、専門的な知識や技術を持って活動している複数の専門・認定看護師(スペシャリスト)がいます。患者さんのケアを行いながら、医療スタッフへの指導、地域の看護師などへの研修や相談に応じるなど、各々が院内を横断的に活躍しています。「看護ケアサポートセンター」を設置し、お互いの情報を共有し、院内外のチーム医療の推進を促進できるように環境を整えています。

感染管理認定看護師

私は感染管理認定看護師として院内で問題となる感染症の発生状況を把握し、適切な感染対策が実施されているか日々のラウンドで確認しています。患者さんに関わる全てのスタッフが適切な感染対策が行えるように研修会を通した教育や相談に対応していきます。

がん看護専門看護師

がん患者さんとご家族は、告知、治療方法、治療の副作用、症状の緩和、療養といった様々な状況で不安を抱え悩まれます。そのような患者さんとご家族の力を信じて看護外来で支援し、医師や看護師、ソーシャルワーカー等とカンファレンスを行い多職種と協同して活動しています。

手術看護認定看護師

患者さんが安心して安全に手術を受けることができ、術後合併症を予防するための看護を提供します。また、患者さん一人ひとりに合った看護を提供できるように、手術室に関わるスタッフの指導・相談を行い、日々手術看護の質の向上に努めています。

がん化学療法看護認定看護師

がん薬物療法は、抗がん剤・ホルモン剤・分子標的薬・免疫チェックポイント阻害薬など、新規薬剤が進化し、薬の組み合わせが多様化しています。治療の選択肢が増えたことで副作用の対策も患者さん自身で必要となります。患者さんが治療に向き合うためのセルフケア能力を活かせ、副作用対策を一緒に考えて、日常生活が過ごせるようにお手伝いしています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

像や傷などでおきる皮膚のトラブルを起こしやすい、また起こした方(創傷)、人工肛門・人工膀胱(ストーマ)を造 設される方、またはされた方(オストミー)、便秘や失禁などの排泄に関してお困りの方(コンチネンス)の3つの領域に関して専門的なケアの活動を行っています。

リエゾン看護精神専門看護師

患者さんが安心して治療に専念できる清潔で快適な環境作りのため活動しています。身体の治療中に心の不調が生じた方の相談や、職員のメンタルヘルスなど心と身体をつなぐケアを主に行っています。

救急看護認定看護師

救急看護の対象は乳児からご高齢の方で、対応する診療科もほぼ全科のため幅広い知識と技術が必要です。突発的な疾患や外傷などで動揺している患者さんやご家族の身体的、精神的、社会的側面から支援できるよう、寄り添った看護の提供を意識し日々のケアにあたっています。

緩和ケア認定看護師

緩和ケアは病気を診断された時から受けることができる医療です。私たちは痛みなど身体のつらい症状や気持ちのつらさを和らげ、自分らしい生活を送れるように、緩和ケアチームや病棟に所属しながら患者さんとご家族のサポートを行っています。

小児救急看護認定看護師

子どもと家族にとっては、急な発熱や腹痛などすべて「救急」な出来事だと思います。未来を担う大切な子どもたちが、この地域で健やかに成長していけるよう、ご家族への子育て支援を含めた活動をしていきたいと思っています。

がん性疼痛看護認定看護師

がんの痛みを抱えた患者さんは、体のつらさだけでなく精神面や社会生活にも影響を及ぼします。がんの痛みに対して鎮痛剤を使い、看護スタッフとともにケアを工夫し、患者さんや家族のつらさを和らげ安心して治療を受け、生活の質を向上できるよう支援します。